アクセント

アクセントのルール
アクセントの法則とポイント
ポイント1:
直前の音節にアクセントがあるもので重要なものは、-ic(s)、-ity, -ety、-(s)tion, -cion, -sion, -gion、-eous, -ious、-ience, -ient、-sive、-age(ímage, percéntage, mánage など:例外は áverage)、-cracy, -logy, -meter、-graphy, -pathy-metry(geómetry, sýmmetry など)。
ポイント2:
-al で終わる語は前の2文字を飛ばして最も近い母音にアクセントがある
ポイント3:
2つ前の音節にアクセントがあるもので重要なものは、-ate, -ite、-sis、-graph。
ポイント4:
それ自体にアクセントがある重要なものは、-eer, -ee, -oo, -oon、-esque, -ique, -igue
ポイント5:
-able, -ible で終わる語は元の動詞と同じ位置にアクセントがあるのが原則(regrét-regréttable など)であるが、例外がよく狙われる(admíre-ádmirable, compáre-cómparable, prefér-préferable)。
ポイント6: