• 家族でインフルエンザの予防接種 2012

    今日は家族全員でインフルエンザの蘭h接種 でも保育園の三女は風邪で受けれず 6人で病院の待合室で待つのは大変です 下の三人が大人しくしていない!! ふ~~~~~~~ 疲れます 幼稚園の長男は走るし騒ぐし 保育園の三女は歩きまわるし泣くしドンドンドアを叩くし!! 恥かしいし迷惑かけまくりだしで・・・。
  • 小学生の二女の参観日

    朝から小学校へ 5人で向かうが少し遅刻 団体行動でなかなか時間通りに出発できない!! 前から2番目だったので教室には入らず外から参観 背筋が伸びて綺麗な姿勢で座っている!! えらい!! 手を上げる時も綺麗に伸ばしてる!! すごい!! 後半はダメダメ 眠たくなったのか あくび 爪を噛む 机にもたれる
  • 小学生の二女の七五三

    朝から美容院で髪の毛のセットと着付け!! 中学生の長女は庶O参りをする嵐閧ェ部活の試合で行けず!! 10時にセットと着付けが終わり 我が子ながら可愛いですね~~~~ 用意も終わったので、いざ、車に!! あれ??? エンジンがかからない!! バッテリーが上がってました!! ふ~~~ 仕方なく小さい車で
  • 長男の誕生日

    一昨日、長男が早く寝たので、小学生の二女を連れて本屋さんに長男の誕生日プレゼントを買いに行く!! 悩みに悩んで仮面ライダーウィザードの本とお菓子を購入!! 本屋さんで包装紙とリボンをもらったので包装開始!! 包むのは難しいのでお店の袋を作る要領で大きい袋作り!! 本とお菓子を入れてリボンを唐チて終了
  • 小学生の二女 遠足の前の日に!!

    運動会の前の日は怪我をシないように遊びに行かせなかったが 昨日は家で友達と宿題をするからとご機嫌で友達を迎えに行く ところが走り回った結果 こけて顔に擦り傷 消毒はしたものの一日では治らないよね お風呂で落ち込んでた二女に理由を聞いてみると 怪我して帰ってきた時にパパが笑ったって言ってた ふ~~ 苦

人に話を聞いてもらう

イメージができる話し方
事実をそのまま話す
彼女は男性に苦手意識がある
イメージできる話し方
男性が現れた瞬間に、彼女の笑顔が突然消えた

話し方
「タバコは体に悪い」という話し方をしても「それは分かっている」と思われるだけです。
しかし「身内にタバコが原因で病気になり、自殺をした人がいる」という話し方のほうが、説得力があります。
「ええ? 本当に! じゃあ、自分もタバコ、やめようかな」と心変わりします。
どちらも「タバコはやめたほうがいい」という訴えに変わりはありません。

語尾
「~らしいよ」より「~だったよ」の方が説得力がある

わかりやすい身近な例えを使うとわかりやすい

反論の仕方
3yes 1but
「そうですね(Yes1回目)。
たしかにそのとおりです(Yes2回目)。
私の知人も同じことを言っていました(Yes3回目)。
しかし、~(But)」。
Yesを3回繰り返した話し方に変えるのです。

Yesを3回も言えば、相手の話を肯定していることを強調しますから
「この人は私の話を分かってくれている」と思ってくれます。

人間は「お説教は聞きたくない」という本能
話は短いほうが、説得力があります。
ことわざは、どれも短い一文です。
短いから、聞きやすく、分かりやすく、納得しやすくなります。
すっと心に入り込んで印象に残ります。
説得力の高い話ほど、ことわざのように短くすることが大切なのです。

例え話の後に言いたいことを言う
「ヒマワリが明るい太陽に向くから成長できるように、人間も明るい方向に顔を向けるから成長できる」
「好きな人と付き合えば幸せになれるように、好きな人と結婚するほうが幸せになれる」
「愛のある親ほど子供に厳しくなるように、愛のある先生ほど生徒に厳しくなる」
「空気や音が目に見えないように、本当に大切なことほど目に見えない」

いかがでしょうか。
想像しやすい例えを出した直後に、本当に言いたい言葉を続けると
「なるほど」と思いませんか。

いやな顔をされたけどどうしてもして欲しい時は
例えば
「やりたくなければやらなくてもいいよ。ほかの人に頼むから」
「しなくてもいいですよ」と言われると、したくなります。
「やめてもいいですよ」と言われると、続けたくなります。
「諦めてもいいよ」と言われると、もう少し頑張りたくなります。

不思議なもので、逃げ道を提供されると、逃げ道があるにもかかわらず、
逃げたくなくなるのです。

説得する言葉には「精神論」と「方法論」があります。
精神論で説得する言葉には、次のような語り文句があります。
「もっと頑張ろう」
「やる気を出せばいい!」
「気合を入れよう!」
励ましをして、相手の精神を揺さぶることで説得させようとします。
私たちがよく口にする「頑張れ」も精神論です。
頑張るのは、言われなくても分かっています。
分かっていてもなかなかできないから、困っているのです。
こうした精神論も悪くはありません。
しかし、そうは言っても、具体性に欠けます。
精神論は、心の問題なので目にはっきり見えません。
心は不安定です。
時と場合によって、ぐらぐら変わるものです。
相手を説得させるためには、目に見えるような具体的な方法で説得しなければいけません。
それが「方法論」です。
「今日はだめなの。じゃあ、明日はどう?」
「表がだめなら裏を使おう」
「頭で計算しなくても、電卓を使えば早くて正確だよ」

具体的にどうするのかという「方法」を示します。
そうすることで、相手を説得します。
目に見えるような具体的な方法が分かると「こうすればよかったのか!」と相手は安心します。
説得することができるのです。
具体的な方法を示す「方法論」のほうが、説得する力が強いのです。

話に興味を持ってもらうには
限定効果を使用する
例えば
「ここだけの話ですが・・・」をつけてから話す

物事を頼む時
ただ、頼むと嫌がるが
「仕事のできるきみにお願いがある」
「君じゃないといけないんだ」
「君が頼りなんだ」
と褒めたり認めたりする言葉をつけてから言うと聞いてもらえる

「上手な」、「素晴らしい」と「感動しました」と褒める
~が上手な○○に~をしてとお願いする

話をする時は足を運ぶのです。
この手間暇が、説得には必要です。

話を聞く人と聞かない人
・担任の話は聞かないのに、塾講師の話は真剣に聞く親御。
・親の話は聞かないのに、祖父母の話は聞く子供。
・課長の私の支持は聞かないのに、補佐の支持は聞く部下。
・俺の話は聞かないのに、彼女の話は聞く親友。
上記の事が起きる理由
・自分の話を聞いてくれない
・自分の陰口を聞いたことがある
・仕事や生き方を否定された
・大事な人を悪意をもって傷つけられた
・都合のよい解釈しかしない
・相談しているのに自分の話をする
・理解しようとしてくれない
・金の話しかしない
・固定観念が強い
・大きな裏切りにあった
・好き嫌いで判断する
・言葉を選ばない…

どうすればいいのか
どう思うや意見はあるかと聞くのではなく
あなたの考えをぜひ聞かせてくださいと聞く
「何を言うか」ではなく「どう言うか」で、相手の気持ちがかわります

「今、2分だけお話してもいいか?」聞いてみる
この中途半端な「2分」によって、相手は「なんで2分!?
1分とか3分じゃないの?」と思って、興味を惹かれるはず。

質問の仕方
今の事についてどう思いますか?と聞き
答えがなければAですかBですかと二択・三択で聞く
それについて○○だけど知ってますか?と聞く
それについて○○だけどどう思うか?と聞く



     








関連記事

タグ
1年生 3 app iPad iPhone iPod twitter テスト プリント 中学 中間 出題 勉強 受験 問題 国語 子供 室温 小児用 小学校 小学生 幼稚園 後で 感染 抑える 数学 時間 期末 未回答問題 注意 理科 白色 社会 細菌 組み合わせ 英語 試験 錠剤 高校


スポンサードリンク

スポンサー

マクロミルへ登録